Webデザイナー・Webプログラマー・Webマーケターの育成

お問い合わせ
075-353-3711 受付時間:10:00〜18:00(土日・祝日除く)
menu close

CRAブログ- Web/IT・教育・福祉業界の情報を、スタッフ&インターン生が配信中

京都 障害者就労移行支援事業所 CRAワークサポートセンター

2018年07月31日ワークサポートセンター
Pocket

障害者就労移行支援事業所 CRAワークサポートセンター(以下WSC)

 

 

こんなお悩みを持たれていませんか?

就職に関しての悩み

・「働きたいけれど、働く場所もスキルもない」

・「障害があるけれどパソコンに使った仕事に就きたい」

・「仕事の具体像がつかめない」

・「実際に働くことがイメージできない」など

生活や障害についての悩み

・「どうしても意欲がわかない」

・「生活リズムが整わない」

・「周りが障害について理解してくれない」など

家族の悩み

・「息子・娘に自立して働いてほしい」

・「得意なことや好きなことを見つけてほしい」

・「子供に家から出てほしい」など

就職や、障害で上記の悩みを持たれている方々

人に相談できず悩んでいる方々

WSCが全力で応援・支援(サポート)いたします!

 

「思い」の実現のために
CRAワークサポートセンターで、できること

 

あなたの特性にあわせて特化します。

得意なことを伸ばします

あなたと一緒に課題を見つけます。

障害特性なのか、苦手なことなのか通所を通じて スキル・生活面など、それぞれ課題を明確にします。

あなた専用のカリキュラムを作成します。

スキル・体調・目標に合わせたカリキュラムを作成します。

あなたと同じ仲間がいる環境です。

現在、通所されているメンバーさんだけでなく、職員にも障害者がいます。

実務経験がつめます。

事務職・デザイナー・プログラマーなど、パソコンを使用した実際のお仕事に参加できます。

利用料金はかかりません。

障害者就労移行支援事業なので、年収により自己負担額上限はありますが、原則かかりません。

定着支援があります。

一般就労後も継続して働くことができるように、就労後の課題や悩みも私たちと一緒に考えます。

 

障害に関わらず「とりあえ行動してみませんか。」
スキルや経験がなくても就労に必要なこと、

社会で活躍するにあたって大事なことを一から学びながら、

不安や課題も一緒に解決していきましょう。

 

電話番号

WSCとは?

障害のある、なしに関わらず、プロのクリエーターを育成するという目的から

平成27年4月1日に開所した就労移行支援事業所。

京都駅から徒歩10分に位置し、

京都初、西日本初のデザイン・プログラミングにといったパソコンスキルに特化した

就労支援をおこなっています。

また、スキルだけでなく社会生活の中で福祉に頼らない自立を目指すことを目的にし

当たり前のことを当たり前にできるようになること、

企業や社会において、かけがえのない人材になることを目指しています。

就職先の一部をご紹介

  1. システム制作会社様
  2. デザイン制作会社様
  3. 医療系事務(システム管理)
  4. 百貨店事務
  5. 福祉事業所スタッフ
  6. 大学内システム構築スタッフ                                                     etc…(障害者枠・一般枠雇用含む)

※就労移行支援事業所とは

障害のある方が一般企業に就職するための、スキルアップや就職活動の支援が受けられる福祉サービスです。身体障害、精神障害、知的障害、発達障害や難病の方を対象とし、障害者手帳の有無に関わらずご利用いただけるます。(医師や自治体の判断による)

また、就職後も継続し働くための支援も実施しています。

目次

 

  1. WSCで学べること
  2. 仕事により近付いた実務経験を実習で!
  3. 通所メンバーさんのエピソード〜僕(私)はWSCで変わりました〜
  4. WSC情報
  5. WSCより

 

1.WSCで学べること

パソコンスキルに特化したカリキュラム

プログラミングやOfficeソフト、

デザインソフトを使用

お一人おひとりの目的に合わせた学習ができる。

※パソコンスキルを向上することで、「未来」が広がり、

様々な職種に就くことができますよ!

寄り添ったマンツーマンでの安心したサポート

お一人お一人の目標やペースは様々ですが、

個々の障害と特性に合わせたカリキュラムや計画(個別支援計画書)に基づき、

技術指導、生活指導を行っています。

毎月1面談を必ず行い、面談の中で、技術面や生活面などでの課題を見つけ、

道筋を明確にし、改善策などを一緒に考えていきます。

専門的な知識がつけられる

基礎を固める期間は、自己学習がメインとなっていますが、

豊富な教材やオンライン講座でサポートしており、

オンライン講座では、デジタル・ハリウッドオンラインスクールを取り入れています。

WEBデザイナー講座やIllustrator / Photoshop講座などの

オンライン講座を利用していただけ、

より専門的な知識をつけていただくことができます。

疑問点やわからないことがあれば、職員が支援いたします。

 

楽しみながら学習できる!

少人数でアットホームな講座を開催しており、

就活講座やOfficeソフト資格取得のための講座、

プログラミング講座や、自身の障害を理解するための講座なども開講しており、

楽しみながら学んでいただいています。

2.仕事により近付いた実務経験を実習で!

就職活動を行う前に、ご自身のスキルの確認や

より現場で、課題を見つける方法として

企業実習が挙げられますが、

WEB制作・デザイン制作会社、システム開発会社、WEBコンサルティング会社と

業務提携を結んでいるため、実習や実務経験のための

実作業をより近い環境で経験することができます。

お仕事の具体像や、お仕事をするイメージを掴める機会の提供をしています。

また、余暇活動や課外活動も豊富に企画し、

京都の四季やお祭りを撮影し絵はがきでも販売しています。

 

 

3.通所メンバーさんのエピソード

〜僕(私)はWSCで変わりました〜

通所2年目 Aさん 統合失調症

プログラミングを学ぶために通所開始。

Aさんはもともと情報系の学校をご卒業されましたが、

プログラミングはWSCで初めて触られました。

通所されながら、プログラミングを行われ、

1年間で基礎を固められた後は、企業実習を通じて実務製作に携わっておられました。

運送会社様の配送システムや、会社の勤怠管理のためのソフト製作を行われた経験もあり、

そして、将来はフリーランスのプログラマーを目標に

システム制作会社さまに就職される予定です。

現在は京都市内のシェアハウスで共同生活を行いながら、

内定先の企業実習に行かれており、夢に向かって進んでおられます。

通所8ヶ月目 Bさん 統合失調症・うつ病

デザインやイラストのスキルを上げるために通所開始。

Bさんは専門学校をご卒業されています。

専門学校でイラスト制作などは行っておられましたが、

イラストレーターやデザイナーになるために、

さらにスキルを磨くべく、WSCに通所されています。

現在は、さまざまな企業様の案件などを行いながら、

実務経験を積まれており、素晴らしい成果物を作られています。

自分のことを自らお話することが苦手だったBさんですが、

今では、グループワークや茶話会でも昔のお話をされるなど、

笑顔も多く、誰とでもお話をされています。

電話番号

4.WSC情報

取り組みの一部をご紹介

アビリンピック 京都大会への参加

第14回大会「DTP部門銀賞/HP作成部門銀賞」
第15回大会「HP作成部門金賞」
アビリンピックとは、障害のある方々が日頃職場などで培った技能を競う大会です。
当センターでは大会に積極的に参加し、結果を通じた「経験」をしていただき、自分の能力を知っていただくこと就労に向けての大きな武器にしていただきます。

京都市 下京観光ハンドブック作成

地域貢献の取り組みとして、下京区役所さまから助成を頂き、自分達だからこそわかる視点でハンドブックを作成し、配布致しました。作成にあたって、メンバーさん達それぞれが役割を決め、企画から取材、デザイン、印刷までを行いました。

 

現在はあと3名の方が登録することができます。

随時、見学や相談を受け付けておりますが、

土曜日の午後には、簡単なワークショップと相談会を実施する

見学会を開催しております。

詳細は下記の連絡先までお問い合わせください。

少しでもご興味がありましたら、ぜひご参加いただければ幸いです。

5.WSCより

 

よくある質問

Q:障害者手帳がなくても利用することはできますか?

障害者手帳をお持ちでない方でも、医師の診断や定期的な通院があれば、自治体の判断により利用可能な場合があります。実際に障害者手帳がなくてもご利用している方はいらっしゃいますので、お問い合わせください。

Q:サービスの利用料金はかかりますか?

福祉サービスなのでほとんどの場合は免除になりますが、前年の収入により自己負担が発生する場合があります。詳しくはお問い合わせください。

Q:利用日数や利用時間は、希望を聞いてもらえますか?

はい。体調や通院事情などに十分に配慮しつつ、就労へ向けて1歩ずつ近づいていけるよう個々に合った方法でご利用いただけます。

Q:どのような精神障害のある方が利用していますか?

統合失調症やうつ病、双極性障害、不安障害、気分障害、適応障害、パニック障害、人格障害、強迫性障害、睡眠障害などの精神障害やその傾向にある方が、就職に向けて訓練しています。

Q:受給者証が無くても利用できますか?

受給者証が無ければご利用できません。受給者証の申請は各市区町村の障害福祉課にお問い合わせください。

Q:障害者手帳がなくても就職することはできますか?

障害者手帳が無い場合は障害者枠での就職はできません。障害者枠での就職では障害に合わせ合理的配慮を求める事ができます。

Q:京都市に住んでなくても利用できますか? 

ご利用できます。これまで京都府、大阪府、滋賀県、などから通われるご利用者の方もおられます。

就労移行支援事業所のスタッフ紹介

サービス管理責任者の白木 宏治です。

みなさんは病気の症状や障害の特性で生き辛さを感じておられませんか?

私はそんな方たちの生き辛さに寄り添い、こまめに面談を行いお一人お一人に合った個別支援計画を作成し、就職へ向けて一緒に取り組むことを心がけています。

一般就労をする事は簡単な事ではありません。時には困難な課題にぶつかることもあると思います。でも決して一人ではありません。私達が全力で支援(サポート)いたします!

障害は壁ではありません。みなさんが夢中になって取り組めることが必ず見つかります。

これを読んで少しでも興味をお持ちになられたあなた!私達と二人三脚で頑張ってみませんか?お問い合わせお待ちしております。

CRAワークサポートセンターに通所して良かったと言ってもらえるように

職員一同で、支援していきます。

居心地の良い場所を必ず提供します。

電話番号

  • CRAワークサポートセンター

Tel:075-746-6168
Mail:wsc@cra.jp
受付時間:平日(月)〜(金) 10:00〜18:00

※土日祝はお休みしております。

Pocket